キーワード検索

アミノ酸分析システム

Biochrom 30+シリーズ

特長および仕様

Biochrom社製アミノ酸酸分析システムは、生体外診断及び研究用アミノ酸分析システムのゴールドスタンダードです。
ニンヒドリンを用いたポストカラム誘導体化イオン交換クロマトグラフィーに基づくアミノ酸分析法は世界中の臨床試験機関によって信頼されています。
アルギニノコハク酸、アロイソロイシンおよびスルホシステインを含む56アミノ酸および誘導体の定性および定量分析が可能になります。Biochrom 30+ Physiologicalシステムは、新しいAccelerated法を使用して、90分未満で完全なアミノ酸プロファイルを達成するために5つのクエン酸リチウムバッファーを組み合わせて使用できます。メタボリック、臨床生化学、病院、受託解析ラボ、その他の臨床施設に適応しています。
小児科ラボにおける代謝スクリーニングおよび血漿、尿またはCSF「重要成功要因」に関する臨床研究、大学および獣医研究室における臨床研究、バイオサイエンスや製薬業界における品質管理と構成成分分析など、幅広いアプリケーションでご使用頂けます。

  • ■代謝疾患および先天性代謝異常(IEM)、例えばPKUおよびMSUDならびに尿、血漿およびCSF中の他のアミノアシドーシスの検出およびモニタリングが可能
  • ■医薬品用途のためのタンパク質およびペプチド分析が可能
  • ■食品、飲料、植物抽出物、発酵製品、培養培地、栄養補助食品および輸液関連
  • ■優れた分離能を有しており、タンパク質やペプチドのアミノ酸組成だけでなく、遊離アミノ酸の正確な同定と定量が可能
  • ■行列の干渉が少なく、ベースラインの近くにあると、解釈のあいまいさが軽減され、先天性代謝異常の診断の信頼性が向上
  • ■アミノ酸の自動誘導体化は再現性を最大化
  • ■分析時間を短縮してサンプルスループットを向上させる迅速なプロトコルを利用可
  • ■カラムのクリーニングとリパックサービスにより、カラムの寿命がほぼ無限になり、消耗品コストを削減可能
  • ■完全自動化、PC制御により24時間365日の操作が可能

Biochromアミノ酸分析試薬および緩衝液
Biochromアミノ酸分析試薬および緩衝液は、高品質の化学物質および材料から製造され、ISO 9001品質システムの下で厳密な管理手順に従います。 当社の緩衝液は、保存条件が遵守されている限り、製造から3年まで正確かつ再現性のある結果が得られることが保証されています。全ての試薬は安定した化学的性質を有し、周囲温度で保存するように処方されており、冷蔵を必要としません。

PDFダウンロード 

※フライヤーご希望の方は下記フォームに情報を入力下さい。

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている
Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。